ここから本文です

現在位置は、ホームの中の医療情報です。

医療情報 Information

アサーション

1.アサーションとは?

アサーションとは、コミュニケーション技術の一つで、1950年代にアメリカで生まれました。自分も相手も大切にした自己表現のことです。お互いにとって心地よい人間関係を作るために、この考えを取り入れる人や組織が増えています。アサーションを知ることで、きっとあなたの生活も変わります。この理論はコミュニケーションタイプを3分類します。(下記)
.▲哀譽奪轡屐福畊況眦)
自分のことを中心に考え、相手のことは考えないやり方。
▲離鵐▲機璽謄ブ(=非主張的)
自分の感情は押し殺して、相手に合わせるようなやり方。
アサーティブ
自分の気持ちや考えを相手に伝えるが、相手のことも配慮するやり方(=自分も相手も大切にしたやり方)。

2.アサーションの例

(例)友達と一緒にラーメン屋に行き、とんこつラーメンを注文したが、しょうゆラーメンが出てきた。
(ア)「とんこつとしょうゆを間違えるか?謝罪しろ!」
→食事の雰囲気台無し,自分だけでなく店員も嫌な気持ち
(イ)本当はとんこつがよかったな。でも店の人には言わない。
→実は不満。不満がたまると爆発。周囲はギャップに驚く。
(ウ)「私はとんこつを注文したので交換してもらえますか?」
→店員は反省はしても嫌な気持ちはしない。自分も満足。
★アサーションとは3番目のアサーティブのタイプを目指す技法です。嫌な出来事でも、その後のコミュニケーションの仕方で、自分や相手のストレスの大きさが変わります。そして、後々の人間関係にも影響し、結果として自身のメンタルにも影響します。相手も大切にしたコミュニケーションは実は先々の自身のメンタルの調子も良くしてくれるのです。





記事一覧

  • 医師紹介
  • 診療内容
  • 医療情報
  • 診療の流れ・Q&A