ここから本文です

現在位置は、ホームの中の医療情報です。

医療情報 Information

心療内科でよく処方する薬について

薬の特徴について

かわたペインクリニック心療内科では、次のような脳や神経に働きかける薬を処方することがあります。
ここではそれぞれの薬の特徴を紹介します。
々海Δ通
名前の通り、うつ病や抑うつ状態の治療に使う薬です。しかしその中にはパニック障害や強迫性障害などそれ以外の疾患にも効果のあるものがいくつかあります。また一部の抗うつ薬は慢性的な痛みに対して優れた治療効果を持っています。
抗てんかん薬
けいれんを抑える働きのある薬です。一部の抗てんかん薬は、気分の波を穏やかにする目的に使用することがあります。又、 痛みに対して優れた効果のある抗てんかん薬もあります。
9撹坩駄
不安や緊張を和らげる働きのある薬です。効き目の持続する長さや効果の強弱でグループに分けることができ症状に合わせて選択します。睡眠をサポートする目的にも使用することがあります。
た臾果
不眠症には幾つかのタイプがあります。睡眠薬にもいろいろなタイプのものがあり、効果の持続する長さや特徴によって不眠に合わせた使い分けをします。

薬の効果について

心療内科で処方する薬は、色々なメンタル疾患や症状の治療に使用します。もちろん、痛みに合併した不眠や不安、抗うつ症状等の治療にも効果があります。そしてその薬の中には痛みそのものに対して優れた効果がある薬もあります。心療内科の薬を上手に使用していくことによって痛みの治療はもちろん、ときには必要に応じて痛みに付随するメンタルの症状も合わせて総合的に治療をしていくことが可能です。





記事一覧

  • 医師紹介
  • 診療内容
  • 医療情報
  • 診療の流れ・Q&A