ここから本文です

現在位置は、ホームの中の医療情報です。

医療情報 Information

抗うつ薬のお話

<抗うつ薬のお話>

心療内科でよく処方するお薬の一つに、抗うつ薬があります。
現在使用されている抗うつ薬には、〇梓跳蝋海Δ通堯↓∋祐跳蝋海Δ通堯↓SSRI、SNRI、NaSSA、などがあります。以下に簡単にご紹介します。

〇梓跳蝋海Δ通
古くから使用されている抗うつ薬になります。口の渇きや便秘などの副作用がしばしば認められますが、効果は強く現在でもうつの治療薬として使用されています。また痛みの治療薬としても強い効果があります。

∋祐跳蝋海Δ通
うつ症状の改善に加え、眠りを良くする特徴があり、熟眠障害の治療にも使用されます。

SSRI
うつの治療薬として使用される他に、パニック障害、強迫性障害、社交不安障害などいろいろな不安障害の治療にも使用されます。

SNRI
うつ症状の改善に加え、意欲の改善にも効果が強いとされています。痛みの治療にも使用します。

NaSSA
うつ症状の改善に加え、睡眠を取りやすくする特徴があります。不眠を合併しているうつの治療によく用いられます。

 以上のように抗うつ薬がもつそれぞれの特徴を生かすことによって、単にうつの治療だけでなく、不眠や不安障害など他の精神症状の治療や、痛みの治療にも幅広く活用することができます。






記事一覧

  • 医師紹介
  • 診療内容
  • 医療情報
  • 診療の流れ・Q&A