ここから本文です

現在位置は、ホームの中の医療情報です。

医療情報 Information

睡眠トラブルでお悩みの方へ

睡眠障害対処の12の指針

「より良い睡眠のためのヒント」

〜睡眠のトラブルにお悩みの方へ〜
当院の心療内科より睡眠に対する正しい知識や生活習慣に関する「睡眠障害対処12の指針」についてお話します。

/臾音間は人それぞれ.日中の眠気で困らなければ十
 分。
 ▸睡眠時間の長い人、短い人、季節でも変化、8時間に
  はこだわらない。
 ▸歳をとると必要な睡眠時間は短くなる。
∋彪稱を避け、眠る前に自分なりのリラックス法。
 ▸就寝前4時間のカフェイン摂取、就寝前1時間の喫煙
  は避ける。
 ▸読書・音楽・入浴等自分に合うリラックス方法をみつけ
  る。
L欧なってから床に就く.就寝時刻にこだわりすぎない。
 ▸眠ろうとする意気込みが頭をさえさせ寝つきを悪くす
  る。
て韻源刻に毎日起床
 ▸早寝早起きでなく早起きが早寝に通じる。
 ▸日曜に遅くまで床で過ごすと月曜の朝がつらくなる。
ジの利用で良い睡眠。
 ▸目覚めたら日光を取り入れ体内時計スイッチオン。
 ▸夜は明るすぎない照明を。
Φ則正しい3度の食事。規則的な運動習慣。
 ▸朝食は心と体の目覚めに重要。夜食はごく軽く。
 ▸運動習慣は熟睡を促進。
昼寝をするなら、15時前の20〜30分。
 ▸長い昼寝はかえってぼんやりの元。
 ▸夕方以降の昼寝は夜の睡眠に悪影響。
眠りが浅いときは、むしろ積極的に遅寝・早起きに。
 ▸寝床で長く過ごしすぎると熟睡感が減る。
睡眠中の激しいイビキ・呼吸停止・足のぴくつきやムズ
 ムズ感は要注意。
 ▸背景に睡眠の病気、専門治療が必要。
十分眠っても日中の眠気が強い時は専門医に。
 ▸長時間眠っても日中の眠気で仕事・学業に支障があ
  る場合は専門医に相談。
 ▸車の運転に注意。
睡眠薬代わりの寝酒は不眠のもと。
 ▸睡眠薬代わりの寝酒は、深い睡眠を減らし、夜中に目
  覚める原因となる。
睡眠薬は医師の指示で正しく使えば安心。
 ▸一定時刻に服用し就寝。
 ▸アルコールとの併用をしない。

睡眠不足でお悩みの方は上記「より良い睡眠のためのヒント」を参考に早めに専門医に相談しましょう。

睡眠薬の使用の前に

/臾音間にこだわっていませんか?
 ▸必要な睡眠時間には個人差があります。また8時間睡
  眠にこだわる必要はありません。
¬襪凌臾欧鯔犬欧觸慣がありませんか?
 ▸コーヒー・タバコは不眠の原因となります。
 ▸寝る前の飲酒も睡眠を浅くします。
 ▸長時間の昼寝を避け、就寝直前の入浴は熱めでなく
  ぬるめの湯をしましょう。
L欧譴覆いら睡眠薬?
 ▸眠れないのは隠れた病気などのためということがあり
  ます。この場合睡眠薬がかえって良くない場合がありま
  すので医師によく相談しましょう。

睡眠薬の正しい使用のために

/臾果瑤論気靴使えば安心です。
 ▸「癖になる」「重大な害がある」「飲み続けるとボケる」と
  いうことはありません。
 ▸医師の指示を守って正しく服用しましょう。
⊃臾果瑤鮟菠されたら。
 ▸お酒と一緒に服用しないで下さい。睡眠薬とアルコー
  ルの両方の効果が強まりますので絶対に避けてくださ
  い。
 ▸自然な睡眠のリズムに沿って適切な時刻に服用してく
  ださい。
 ▸空腹時はお薬の吸収が悪くなるので夕飯は普通に食
  べてください。
 ▸医師と相談し服用後は早く床に入ってください。
 ▸自分の判断で薬を調節すると効果が得られないことが
  ありますので医師の指示は必ず守りましょう。
 ▸法律により禁止されているので睡眠薬は絶対に他人
  にあげたりしないで下さい。
睡眠薬をやめるとき。
 ▸現在、使われているお薬は正しく使えば長期間のみ続
  けても安全です。
 ▸なるべく早くやめようと無理するのではなく、主治医と
  相談し、眠れる自信がついてから、お薬を少しずつ減
  らしていくことが大切です。




記事一覧

  • 医師紹介
  • 診療内容
  • 医療情報
  • 診療の流れ・Q&A