ここから本文です

現在位置は、ホームの中の医療情報です。

医療情報 Information

うつ病

うつ病性障害・抑うつ状態

うつ病性障害や、気分が落ち込んだ状態である抑うつ状態になることは、私たちの一生のなかでは決してめずらしい出来事ではありません。うつ病性障害に一生の間に罹患する確率は10%と言われ、今まさにこの状態にある人は人口の1〜2%と言われています。また、女性のほうが男性より2倍多く、思春期から老年期までのいつでも発症する可能性があります。原因としてはセロトニンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質を含む脳機能の変調が考えられています。

憂鬱で物がなしく落ち込んでしまう抑うつ状態や、何も楽しめなく心がおどらない、興味や喜びの喪失が主な症状です。また食欲の変化や睡眠障害(不眠または過眠)、焦燥感(イライラ感)、無価値観、罪責感、思考力や集中力の減退などもうつの症状として認められます。

うつ病は意思や気の持ちようの問題ではなく、脳の機能的変調によって生じる病気です。そのため治療の基本は休養と服薬になります。お薬は抗うつ薬を一般的に使用しますが、症状にあわせて睡眠薬や抗不安薬などを併用することもあります。抗うつ薬は少量より開始し、症状に合わせて適切な容量にコントロールします。また症状がよくなっても症状の再燃や薬の離脱症状の予防のため慎重な減量、中止が必要となります。

うつ病性障害や抑うつ状態は、他の精神疾患に併存することがあります。また、身体の病気に合併することもあります。このような場合には互いに影響しあっているため、同時に治療をすることが重要です。

自分を責めたり、我慢する方に発病しやすい病気です。上記のような症状でお困りの方はどうぞお気軽にご相談ください。






記事一覧

  • 医師紹介
  • 診療内容
  • 医療情報
  • 診療の流れ・Q&A