ここから本文です

現在位置は、ホームの中の医療情報です。

医療情報 Information

心理検査について


かわたペインクリニック心療内科では、初めて心療内科を受診される前にすべての患者様に、簡単なチェック形式の心理検査を受けて頂いています。

心理検査をする理由


メンタルの悩みが中心で受診された患者様には、診察前に心理検査で状態を広く確認させて頂くことで、限られた診察時間の中でとくに困っている症状を詳しくお尋ねすることができます。

心理検査をする理由


痛みの症状がメインで受診された患者様の中には「なぜ心理検査をするの?」と思われる方もいるかもしれません。
ところが心理検査をさせて頂くことで、不眠や不安、うつ症状などが痛みに合併していないか確認できたり、また痛みの増強にメンタル的な要因が影響していないかの参考にすることができる等、実は治療を進めていく中でとても役立っています。

心理検査をする理由


初診時の心理検査には、上記の他に、もう一つ大事な役割があります。
それは治療経過の評価です。
患者様には数ケ月から1年くらいの経過の中で、心理検査を再び受けて頂くことがあります。日々の生活の中では、症状の変化に気づきにくい場合でも、心理検査では以前の状況と同じ内容で比較することができ、どの症状が改善しているのか、あるいは変化していないのかが見えてきます。人の記憶では、数日前や数週間前の自分の症状と今を比較することや、以前のとくに強く記憶に残っている症状と今を比較することはある程度可能ですが、全体的な状況を比較できるほどは覚えていませんし、それほど正確でもありません。
このように心理検査を実施して、記憶として残しておくことは実は先々の治療にもとても役立っているのです。



記事一覧

  • 医師紹介
  • 診療内容
  • 医療情報
  • 診療の流れ・Q&A