ここから本文です

現在位置は、ホームの中の医療情報です。

医療情報 Information

心療内科の薬の減らし方について

1.最近の心療内科の薬処方の傾向

日本の精神科医療は収容主義から地域の中で元気に過ごす事を応援するように変化し、薬を出し過ぎる「多剤大量処方」はもはや時代遅れと言われます。当院心療内科でも早くから“薬物療法のみに頼らない治療”を目指し\勝ε賤琉絣愽毀笋凌翰療法、認知の歪みを修正する認知行動療法I作用の少ない漢方外来等を積極的に実施しています。

2.なぜ薬を減らす必要があるのか?

薬の乱用・依存など多剤大量処方が長く続いた場合、症状が本来の病気によるものなのか、薬の副作用なのかさえ既に見分けがつかなくなり、本来の状態が変化し、さらに悪化してしまう場合もあります。こういった状態を断ち切り、適切な薬を適量服用するように変えていくためには、「正しい薬の減らし方」を理解した医師の診察が何より必要となります。

3.薬の減らし方のポイント

何より大事なことは“薬を減らすこと”そのものではなく“症状が改善した状態のまま薬を減らしていくこと”です。“薬を減らすこと”だけを気にしすぎると、思わぬところで症状のぶり返しがあり、かえって薬の量が増えてしまったり、減らすことのできるタイミングが先に延びてしまうことがあります。そこで、疾患や症状によって減薬のコツが異なりますので、主要な薬と疾患について薬の減らし方のポイントを簡単に以下紹介します。
(1)共通
〔瑤鯀やす時も減らす時も体がびっくりしないよう少しずつ!
(2)睡眠薬、抗不安薬
(数薬を服用の場合、薬の種類を減らす!
¬瑤両数や、容量を減らす!
I用している薬を中止しやすいタイプの薬に変更!
じ果が十分に得られるようになれば頓用に変更!
(3)抗うつ薬、抗てんかん薬、抗精神病薬
”薬を開始する時は効果が出るまでじっくりと!
中止は焦らず慌てず良くなり十分に時間が経ってから!
D砲濕N徒瑤箸靴道藩僂垢觧は症状が改善して十分な
期間(3か月以上)経過後、無理ないスピードで減量・中止!
い修梁召亮栖気濃藩兒は症状に合わせて減量・中止!
(4)漢方薬
/А垢幣評や疾患に、西洋薬との併用や単独で使用!
∪祥量瑤鮹羯澆垢襪燭瓩法⊂評がぶり返しにくくするため、漢方を一時的に追加し、最後に漢方薬を中止!




記事一覧

  • 医師紹介
  • 診療内容
  • 医療情報
  • 診療の流れ・Q&A