このページの先頭です
ここから本文です

通信vol.17(「アレルギー疾患」「コエンザイムQ10のサプリメント」)

アレルギー疾患の治療法

症状


<アレルギー疾患の治療法>
いよいよ花粉症の季節がやってきました。今年は前年より花粉の飛散量が多く、飛散時期も早まると言われています。
花粉症をはじめとするアレルギー疾患は、現在では、国民の三人に一人は持っている現代病と言われ、“花粉症・アトピー性皮膚炎・気管支喘息”は日本の三大アレルギー疾患と言われています。
 人のからだには、体外から入ってきた異物(抗原)を排除し、からだを守る免疫機能があります。アレルギーとは、その免疫機能が過剰に反応を起こし、異常な症状や反応を示し、体に障害を与える病気です。つまり、アレルギーは、有害な免疫反応であり、免疫反応が自分の体に不利に働いてしまう病気です。
アレルギーの原因は、遺伝の側面から考えられていましたが、現在では、戦後の日本の急激な生活習慣や環境(食生活・住宅・公害・ストレス)の変化など、様々な原因が重なっておこると言われています。アレルギーで心配なのは“体質だから仕方ない”と治療を諦めてしまう人が多いということです。アレルギーは“アレルギーマーチ”と言われる連鎖を起し易く、新たなアレルギー症状に進行することがあるので、根気強く治療を続けることが大切です。

アレルギー疾患の治療法

治療法


《アレルギー疾患の治療法》
〔物療法
抗アレルギー薬、抗ヒスタミン薬、漢方薬、
ロイコトリエン拮抗薬、ステロイド薬、など。
∪云神経節ブロック
星状神経節ブロックは、のどにある星状神経節(上半身を支配してる交感神経が集まる神経の中継所)に局所麻酔薬を注入し、交感神経を一時的にブロックすることにより、脳の視床下部の機能が改善され、全身の血液循環やホルモン分泌を正常化します。星状神経節ブロックは、本来人間が持つ自然治癒力を高めて、病気を快方へ向かわせる全身治療であるため、今まで決定的な治療法がなかったアレルギー症状を改善する画期的な治療法です。
プラセンタ療法
胎児が成長するのに必要な栄養素が多く含まれたヒトプラセンタ(胎盤)から様々な有効成分を抽出したプラセンタ注射(点滴)は、血行を良くし、免疫力を高め、抗アレルギー作用があるので、アレルギー症状に非常に有効です。
ね学療法
星状神経節にレーザー照射(△閥畛効果)
ヅ娘衫屠
生体の流れを正常にする遠絡療法、副交感
神経を刺激する無血刺絡(シラク)等の東洋医学も効果的。

コエンザイム10のサプリメント


当院付属施設である“ペインラボプラス”で取扱いしているDr’sサプリメントのご紹介です。
コエンザイムQ10
【効果・効能】
ヽ萓酸素を減らし“錆びない体へ”
¬髪嵶呂鮓上し“病気予防”
細胞を活性化させ“美容(美肌)効果”
ぢ綣嫗度を向上させ“ダイエット効果”
ヂ瞭皀┘優襯ーを効率よく生産し“慢性疲労改善”
【成分】コエンザイムQ10とは、全身60兆個の細胞一つ一つに存在し、心臓・肝臓・腎臓に多く含まれる物質で、日常生活に必要なエネルギーを作り出すために、欠かすことのできない、最も重要な補酵素です。コエンザイムQ10は、“アンチエイジングの切り札”と言われています。なぜなら、コエンザイムQ10は、生命活動の基本となるエネルギーに不可欠な“体の元気の源”となる物質で、高い抗酸化作用があるからです。しかし、コエンザイムQ10は、加齢とともに急激に減少し、食事だけでは十分に補えないので、サプリメントとして補給することにより、いつまでも元気で若々しくキレイでいられると言われています。
又、コエンザイムQ10は、もともと体内に存在する物質ですので、拒否反応や副作用がなく、安心・安全なサプリメントです。
★当院付属施設ペインラボプラス取扱い“コエンザイムQ10”はNPO日本コエンザイムQ協会品質認定審査初回合格品、NPO日本コエンザイムQ協会品質認定取得、です。        
【用量】1日2粒を食後水でお召し上り下さい。 
【価格】 3,800円(60粒)

編集後記


早咲きの菜の花が見られ春を感じる暖かい日があったかと思えば、急に寒が戻ったりと、季節の変わり目は、体調も崩し易いですので、不調を感じたら早期にご来院下さい。
 また、春はアレルギー症状が出易い季節ですので、ひどくなる前に早めの対策を心がけましょう。

最新の記事

通信vol.69「スマホ通院はじめました」「症状は川の流れのように」「当院の新しいブログサイトのホームページが完成」
(2017/10/31)
通信vol.68「作業療法の症例(手指の症状でお悩みの方)について」「帯状疱疹ワクチンについて」「症状○○はどんなとき強まりますか?の応用編〜不安障害編〜」
(2017/09/01)
通信vol.67「理学療法の症例(肩痛と膝痛)について」「症状○○はどんなとき強まりますか?の応用編〜身体痛編〜」
(2017/06/30)
通信vol.66「頚部神経節ブロックの症例(突発性難聴、うなだれ首)について」「症状○○はどんなとき強まりますか?の応用編〜口・歯・舌痛編〜」」
(2017/05/02)
通信vol.65「頚部神経節ブロックについて」「症状○○はどんなとき強まりますか?」
(2017/03/02)
通信vol.64「新年のご挨拶」「院長インタビュー〜覚悟の瞬間〜」「アサーション」
(2017/01/04)
通信vol.63「院長インタビュー〜覚悟の瞬間(インタビューサイト)〜」「運動療法〜痛みの治療編〜」「慢性疼痛とパニックの共通点」
(2016/11/01)
通信vol.62「リニューアルオープン!拡張しました!」「リハビリ部門の拡張〜運動療法新設〜」「健康365(10月号)当院記事掲載」「パニック障害の治療法〜行動療法と認知療法〜」
(2016/09/01)
通信vol.61「痛み治療の目標(ゴール)設定の重要性」「筋膜リリースのエコー画像」「パニック障害の治療法」
(2016/07/02)
通信vol.60「筋膜リリース」「超音波(エコー)ガイド下ブロック注射」「広場恐怖ってなに?」
(2016/05/02)
通信vol.59- 崘召“痛みグセ”を覚えてしまう前に治療しましょう!」
(2016/03/02)
通信vol.59-◆峅嵎款鼻2016年の傾向)」、「スーパーの行列に並べません! これって病気ですか?」
(2016/03/02)
通信vol.58(「当院の来院のきっかけ」、「当院の来院の多い症状(ペイン部門と心療内科部門別)」、「新タイプの睡眠薬」)
(2016/01/04)
通信vol.57(「かわたペインクリニックの取り組み〜タ少ない麻酔科と心療内科の併設クリニック〜」、「痛くて眠れない時に睡眠薬よりいい薬」)
(2015/11/03)
通信vol.56(「かわたペインクリニックの取り組み〜て端譴閉砲澆亮N邸繊廖◆峭堝伊椣未旅佑方」)
(2015/09/05)
通信vol.55(「かわたペインクリニックの取り組み〜4擬塒預莪貅腟繊繊廖◆崢砲澆粒稜Ч坩戞)
(2015/07/01)
通信vol.54(「かわたペインクリニックの取り組み〜⊆N妬圈繊廖◆崋N展果が上がりやすい痛みの考え方」)
(2015/05/06)
通信vol.53(「かわたペインクリニックの取り組み〜ゝ蚕冓圈繊廖◆屬△覆燭猟砲澆帽△里弔えはないですか?」)
(2015/03/02)
通信vol.52(「腰痛の最新治療について」、「自律神経の不調を整えるためには?」)
(2015/01/05)
通信vol.51(「腰痛の最新治療△砲弔い董廖◆嵜臾音間・睡眠リズムメカニズムの話について」)
(2014/11/04)
通信vol.50(「腰痛の最新治療,砲弔い董廖◆崢砲澆離瓮ニズムと痛みの治療薬について」)
(2014/09/01)
通信vol.49(「痛みの上手な伝え方について」、「痛みの細分化について」)
(2014/07/02)
通信vol.48(「慢性疼痛緩和プログラムの中の精神療法について」、「慢性疼痛について◆)
(2014/05/03)
通信vol.47(「神経障害性疼痛について」、「慢性疼痛について」)
(2014/03/06)
通信vol.46(「骨粗しょう症の治療〜最前線〜」、「メンタル症状に使える漢方薬」)
(2014/01/05)
通信vol.45(「最近の痛みの治療について」、「睡眠薬のQ&Aについて」)
(2013/11/03)
通信vol.44(「慢性疼痛の最近の薬物療法について」、「睡眠について知っていると役立つことについて」) 
(2013/09/02)
通信vol.43(「イオントフォレーシス療法について」、「心療内科の薬の減らし方について」) 
(2013/06/29)
通信vol.42(「理学療法の症例“々痛”と“膝痛”」、「認知行動療法について」) 
(2013/05/07)
通信vol.41(「漢方薬の良く効く症例紹介“”痛”と“▲船奪症”」、「心療内科におけるパニック障害の治療について」) 
(2013/03/08)
通信vol.40(「AKA(エーケーエー)療法の症例」「心療内科における不眠治療〜睡眠薬のお話〜」) 
(2013/01/17)
通信vol.39(「わき腹痛・肋間神経痛の症例「抗不安薬のお話」) 
(2012/11/12)
通信vol.38(「背部痛の症例「抗てんかん薬のお話」」「スタッフおすすめ治療〜硬膜外ブロック〜」)
(2012/09/09)
通信vol.37(「頭痛の症例」「痛み測定器ペインビジョン」「抗うつ薬のお話」)
(2012/07/12)
通信vol.36(「かかと痛の症例」「心療内科の薬について」)
(2012/05/09)
通信vol.35(「花粉症の症例」「心理検査」「足底板」)
(2012/02/29)
通信vol.34(「自律神経失調症と冷え症の症例」「社交不安障害」)
(2012/01/11)
通信vol.33(「顔面痛(歯口顔舌の痛み)症例」「睡眠のトラブルでお悩みの方へ」)
(2011/11/09)
通信vol.32(「頚椎症・肩こり症例」「原因不明の痛み、歯・口・顔の痛み」)
(2011/08/31)
通信vol.31(「腰痛症例」「心療内科の心理療法・手技療法の紹介」)
(2011/07/07)
通信vol.30(「帯状疱疹後神経痛の症例」「心療内科の診察室と診察時間の拡充」「トリガーポイント注射」)
(2011/05/11)
通信vol.29(「術後疼痛」「かかと痛」) 
(2011/03/09)
通信vol.28(「花粉症◆廖嵜肝兎皺覆凌翰療法」) 
(2011/01/13)
通信vol.27(「帯状疱疹・帯状疱疹後神経痛◆廖屬Δ追臓廖法
(2010/12/01)
通信vol.26(「歯・口・顔の痛み」「認知症」)
(2010/09/30)
通信vol.25(「関節内注射」「鍼灸治療」)
(2010/07/15)
通信vol.24(「不眠症」)
(2010/05/27)
通信vol.23(「星状神経節ブロック」「ストレスと病気」)
(2010/03/03)
通信vol.22(「ペインクリニックと心の治療」)
(2010/01/15)
通信vol.21(「硬膜外ブロック」「リンパトリートメント」)
(2009/11/30)
通信vol.20(「肋間神経痛」「ヘム鉄・銅サプリメント」)
(2009/11/06)
通信vol.19(「トリガーポイント注射」「プラセンタ療法」)
(2009/09/01)
通信vol.18(「整膚療法」「認知症予防のサプリメント」)
(2009/05/07)
通信vol.17(「アレルギー疾患」「コエンザイムQ10のサプリメント」)
(2009/03/10)
通信vol.16(「変形性膝関節症◆廖屮哀襯灰汽潺鵝Ε灰蕁璽殴鵑離汽廛螢瓮鵐鉢◆廖
(2009/03/10)
通信vol.15(「冷え性」「メディカルサプリメント」)
(2008/11/24)
通信vol.14(「更年期障害」「ビタミンCのサプリメント」)
(2008/11/24)
通信vol.13(「自律神経失調症」「プロアントシアニジン+αリポ酸のサプリメント」)
(2008/09/03)
通信vol.12(「変形性股間節症」「グルコサミン・コラーゲンのサプリメント」)
(2008/07/03)
通信vol.11(「花粉症」「ベースサプリメント」)
(2008/04/30)
通信vol.10(「顔の痛み」「サプリメント一覧」)
(2008/04/30)
通信vol.9(「頭痛」「無血刺絡(シラク)療法」)
(2008/04/30)
通信vol.8(「足関節痛・足関節炎」「サプリメント外来」)
(2007/10/01)
通信vol.7(「三叉神経痛」)
(2007/08/13)
通信vol.6(「変形性膝関節症」)
(2007/06/01)
通信vol.5(「肩関節周囲炎」「メタボリック症候群」)
(2007/03/07)
通信vol.4(「帯状疱疹・帯状疱疹後神経痛」「AKA療法」「遠絡療法」)
(2007/01/29)
通信vol.3(「頚椎疾患」)
(2006/11/15)
通信vol.2(「腰痛」)
(2006/09/21)
通信vol.1(当院の来院傾向)
(2006/07/30)